忍者ブログ

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

twitter

リンク

カテゴリー

最新記事

ブログ内検索

最新コメント

[10/13 桜子]
[10/12 糸甘]
[02/27 hitoshi]
[08/20 椿]
[08/18 椿]

バーコード

[166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

キャラデザから見たリアクロのお話【その壱】

 
一段と寒い日が続いておりますが、暖かくしてお過ごしでしょうか。
ろくのです。ブログの方では初出没であります(`・ω・´)
リアクロ、スパレクのキャラクターを描いてる人です。よろしくお願いしますね。
 
さて、昨年桜子さんが「real×cross」のキャラについて、このブログでお話をしておりました。
わたくしめもそこで思い立った訳です。二作品、何か話せるネタはないのかと…(゚ω゚)
そうして拵えたのがタイトルの通りのお話という訳です。
このブログに掲載している、桜子さんによるキャラクター秘話の連載も合わせてご覧いただけると、楽しめるかもしれません。
なお、ネタバレ要素を若干ですが含んでおります。「real×cross」のCDを聞いた上での閲覧を推奨致します。
 
といったところで、最初にお話するのはこちら。



アデラとダレルです!
二人セットで進行します。よろしくお願いします!
ヾ('ω')ノ






【最初に】
まず二人セットなのは、制作の時からセットで考えているからです。
リアクロもスパレクも、全てコンビで括れるところがありますので、二人並べた時の一体感は大事にしたいと思っています。
また、台本を読んでから制作しています。ストーリー上に合うキャラになっているか、頭の中でアニメーションとして組み立てながら、違和感なく、魅力いっぱいに動いてくれるかどうかも、大事にしている一つですね。
動いていないと、それだけ音とイメージとのズレがあるのかなあとも思うので。
そしいて最初にこのコンビを持ってきたのは…桜子さんの順番をなぞっているからですね!(笑)。
 
【最初期ラフ】

クロッキー帳に眠っていたラフです。
二人のキャラクター性を掴むために描いたのですが、大雑把な雰囲気や容姿についてはこの頃から固まっていたと思います。
ダレルの髪の毛がくるくるしていますが、まだ犬っぽいイメージがぼんやりしていて、形になっていなかったからですね。
くるくるの名残は、現在の毛先に引き継がれています。
アデラの方はかなり具体的に詰まっています…が、「お嬢様」イメージ代表縦ロールヘアーの呪縛からまだ放たれていません…(笑)。
ここからアデラはかなり試行錯誤しています。
 
【アデラについて】
アデラは「強い意志」「お嬢様!」を根底にしているのですが、髪型で大いに悩まされました。
眠い眼をこすって、決まらぬ髪型に苦悩した覚えがあります…(;;´▽`)HAHAHA…
私の中でお嬢様=内側カールは必須!という思いがあったせいで、セルフ縛りプレイしてましたね!
行動力のあるキャラでもあったので、活発さを与えるため、最終的にポニーテールになりました。
髪の毛を短くする案もあったのですが、走ったりした時のイメージで、「動」の印象が少なくて、やめましたね。
自分の中で、行動力がある=パッと動ける=よく動く、というのがあったので。
 
強い意志の表現は、父親との対立が本編中でも出ております。
その意志を宿した目は、とても強く、キリッとしているだろうと思います。目で語れる子ではないかとぼんやり。
また、彼女の内面に抱える弱さは本編中で語られるものだと思ったので、そういったものが見えないようにもしています。
見た目と普段の態度からくる、内面に抱えるものとのギャップも、彼女のキャラクターとしての魅力の、大事な一つかなと。
 
年齢の割に控えめな色合いなのは、「オトナのレディ」を目指している故に…と思っております。背伸び部分ですね(笑)。
服の装飾が極端に少ないのは、「お嬢様」としての側面をあまり受け入れていないのかなあ、とぼんやり思ったからです。
(…それにしたって、リアクロに関しては全体的にもっと装飾盛ったれと2年前の自分に申したいところですが…)
父親との関係がうまくいっていないので、ちょっとした反抗もありつつ、受け入れられなさもありつつ。
そういうところで、一般的なお嬢様の派手派手フリフリ!ではないなあと思いました。
アデラ本人もとても活発的なので、動きを妨げそうなこともあり、アクティヴさ重視です。
 
胸はニコラより小さいです。胸はニコラより小さいです。大事なことなので2回言いました。
今改めて見ながら、もっと抑えめでよかったと思います。一応現在のも修正入ってはいるのですが。
当時の私は逆にニコラの方がと思っていました。今改めて考えれば、そりゃねえだろの一言ですね。アデラには申し訳ないけれども…^o^
 
【ダレルについて】
ダレルは「控えめ」「でっかいわんこ」「護る者」でした。
大きい犬、というのは最初から桜子さんより提示されていたので、当初からのっぽです。デカい。
アデラに寄り添い、アデラを守る存在として大きく佇む印象だったので、かなりそれを意識して、最初は今より強そうでした(笑)。
そんなんじゃ拾われなくて済んでしまいそうで(笑)、桜子さんの修正も入り、今皆さんがご存知のダレルに落ち着いています。といってもマッチョダレルがほっそりダレルになっただけで、大幅な変更はなかったのですが。
 
ダレルはかなり細く、キツめにも見える目元を髪の毛で隠しています。睨まれたら怖い。
根幹の意志はアデラ同様とても強いキャラクターですので、それを表現するためですね。
ただ彼の場合、それは表に出さない「秘めたる意志」ですので、髪の毛で目立たないようになっています。
髪が長めなのは、私の中での彼が「セント・バーナード」や「オールド・イングリッシュ・シープドッグ」のような、毛がもさもさな大型犬のイメージだったところからもきています。
そのせいで彼も頭の毛が…長くなりましたね…随分。後ろ毛は尻尾のイメージです。自分での手入れが苦手そうで、伸びっぱなしなのではないかなあと思いました。
 
リボンと首輪はアデラからだと思います。首輪は…彼に帰るところがある証としてつけたんですが、不純な理由を浮かべてしまいますね。……そういう遊びも、いいかなと…^o^
洋服のセンスがちんちくりんですが、上着が自前、下のシャツがアデラ様ご選定のイメージです。
恥ずかしくて上だけでも何か、アデラと並んでも問題ないようなものをと必死に選んだのだろうと思いながら。
 
 
こんな調子で、少しずつご紹介させていただければと思います。
reak×crossの世界について、新しい発見のお手伝いになれればと思います。
次回は…とっておきは最後にとっておきたいですし…お察しいただけるかと思います。あのコンビです。
PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne