忍者ブログ

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

twitter

リンク

カテゴリー

最新記事

ブログ内検索

最新コメント

[10/13 桜子]
[10/12 糸甘]
[02/27 hitoshi]
[08/20 椿]
[08/18 椿]

バーコード

[167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

キャラから見たリアクロのお話【その弐】

2月ですね!豆チョコを好きな鬼に投げつける季節ですね!(ごた混ぜ)
先週から始まりましたキャラデザトーキング、第2回開幕です(`・ω・´)
当ブログに掲載している、桜子さんのキャラクター秘話連載も合わせてご覧いただけると、楽しめるかもしれません。
ついでに私めの第1回も、よろしくお願いします!
なお、ネタバレ要素を若干含んでおります。「real×cross」のCDを聞いた上での閲覧を推奨致します



2回目は…ニコラとヴィンセントです!!
ロン毛コンビですねー。私個人的なお気に入りコンビでもあります。

それでは、続きよりどうぞヾ('ω')ノ





という訳で2人についてなのですが。

描き手の私としては、この2人が一番すとんと決まったように思います。ブレもなく、最初からそこに居て。
とても自然に決まったなあというのが印象です。
初期ラフが現存していなかったので、立ち絵の下書きでご勘弁ください( ;∀;)

【下書き】

ヴィンセントは下書きの段階で、目の雰囲気を確かめるべくざっくり描いてます。
眼鏡ないにしても雰囲気なさすぎですが。誰だお前は…
ニコラちゃん…色々落としてますね私…orz

【ニコラについて】
私、個人的にロン毛赤髪が大好きでして…大層気合が入ってしまったのを覚えています…(笑)。
私の制作テーマとしては「しなやかな強さ」「戦士」でした。ストレートですね。
しなやかな強さということで、思い描いてたのは、子持ちのメスのライオンが獲物をハンティングする様です。
戦場では勇ましく、戻ってくれば優しい顔で子ども達をあやすような…そういうイメージでした。実際にはあやす子どもは居ないんですが(´▽`)HAHAHA
台本を読んだ時、ノア君達より厳しいところに生きている彼女が、そっと道を示しているように感じられたので、そこからきた印象だと思います。

戦士としての彼女は、戦場での彼女を意識させるところですね。
女の子として見られてしまうと、それはニコラちゃんではないだろうなあ…と思ったので、男性が着ていてもおかしくない格好でまとめています。
竹刀持って部下教育に勤しんでいてもおかしくないようなね(笑)。
そんな彼女から出てくる女性らしい振る舞いは、本編の方で出てきます。
勇ましさと繊細さのギャップも、彼女の魅力の一つだろうなあとも思います。

とはいえ彼女もまだ15歳なんですよね。
大きな瞳は、彼女の年齢を意識したところがあります。
上のままだと、彼女は勇ましいだけの女戦士になってしまって、年齢が伴わないので(;;´▽`)
戦場での経験は、彼女を年齢以上の大人にしてしまったところがあるとは思うのですが、やはり内面は…というのがちょっとでも出てるといいなあと思います。

そして戦士であることを意識して、最初はかなりぺったんだったのですが…発育が大変よろしいですね。
アデラちゃんに疎まれていないか心配です(笑)。


【ヴィンセントについて】

キャラ云々の前にまずこれは、と思うのでお話をさせていただきたいのですが。
ヴィンセントのCVこと有菓さんなんですが、私、有菓さんに初めてお会いした時、まんまヴィンセントだと思ったんですよ。
:(;゙゚'ω゚'):。o○(生きたヴィンセントだー!!!) と思いました。(笑)。
デザインした後にお会いしたので、私自身は全く知らない状態でお会いしたのですが、本当に吃驚しました。笑った感じがイメージピッタリで目ん玉落ちるかと…(笑)。
今だから言える話ですね。当日は緊張等々で頭真っ白でしたので…それはもう彼のまとう白衣のように(笑)。

ヴィンセントさんは私個人的にイチのお気に入りで、一番ストレートかつわかりやすく「裏ありますよ!」って顔してますね!!
そういう顔で頭に落雷の如く降ってきた人で、もうずっとそのままです(笑)。
「飄々とした役者」「神出鬼没な怪しいお医者」というのがテーマだったんですが、そこから全くブレてないです。ブレなさすぎです。ニコラちゃん以上にブレてないです。
彼の芯に全く微動だにしていなかっただけに、余計なのかもしれないですね。

辛うじてネクタイをしていますが、それくらいはと言われてつけているのではないかなあと思っています。
本人放っといたらすぐとっちゃいそうだなと(笑)。誰に貰ったんでしょうかね…( ^ω^)んふふ。

眼鏡の奥の瞳は両方描いていたんですが、眼鏡を光らせた方が真意がわからないだろうと思って、片方隠れています。
「役者」としての彼は、飄々として掴みどころがないので。目で語らせてはいけない人だなあと。
「役者」だと私が思うのは、彼の腹の根底にある真意を彼はどこにも出していなくて、最後までそれで通していくところからですね。演じて隠してしまうことにとても長けていると思いました。
そういうところは、リアクロ内では一番ずるい人だなあと思っています。頭が良くて、誰よりもすぐ行動出来る足もありますし。
研究者というのも、見て一発でわかってもらうために、敢えて白衣を着ているんじゃないかと思います。
「役者」として必要なければ、白衣もYシャツも着てなさそうだなあと思いました。

髪が中途半端に伸びているのも、その演出の一つと思いつつ、私としては、無頓着さを出していくために。
無頓着といっても、手入れは行き届いている辺りやはり「役者」としての「役作り」感があります。
髪留めが金具みたいになっているのですが、2つの輪みたいにしているんですよ。渡しそびれた指輪をイメージしています。
そういう役でもなければ、そういうキャラでもないのですが。…それ故に手元に残っているような。

そしてニコラちゃんもヴィンセントさんも、根底のことを言わない、言えないという違いはあるのですが、セットにした時何となく似ている人達だと思います。何となく、同じところ勤めだろうなあとか、関係ありそうだなあ、とか。
キャラクター紹介も含めて、最初の導入で、そういったニュアンスが出るような雰囲気になっています。
そういう意味では、水面下の誰も見えないところではありますが、戦っていた戦士だとも言えるのではないかと、私は思います。


以上、第2回のニコラちゃんとヴィンセントさんについてでした。
次回は…もう残ってませんよね、あの人達しか。お察しください!!
次週更新予定です。あと一息ですね!よろしくお願いしますー(´ω`)
PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne