忍者ブログ

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

twitter

リンク

カテゴリー

最新記事

ブログ内検索

最新コメント

[10/13 桜子]
[10/12 糸甘]
[02/27 hitoshi]
[08/20 椿]
[08/18 椿]

バーコード

[164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ばにー&きゃっと」

※ばにー&きゃっと試し読み※


---------------------------

 アイツの好きなところなんて、まじで5分真剣に考えても出てこない。
 5分って結構ガチな数字だと思うんだけど。
 代わりに、アイツのウザいところとか鬱陶しいところとかウンザリなところは5分じゃ語りきれないくらい沢山ある。
 つまり、俺とアイツは根本的に合わないんだ。
 アイツと顔を合わせればそのおかしすぎる言動に一々ツッコミを入れざるを得ず、俺の芸人並みのツッコミ技は日に日に不本意にレベルを上げ続けている。
 なのに。
 どうしてこんな奴と付き合うことになったのか。
 天変地異が起こってもあり得ないと思ってた関係になってしまうなんて。
 けれど、いつからか俺は、アイツのふとしたときに見せる真剣な表情や、普段のウザいくらいに明るい姿でさえも、独占したいと思うようになっていたのだ――

 と、ふと沸き上がった思考は、直後にガラガラと勢いよく空いた教室のドアの音で中断された。

「ふははは!皆の衆、ごきげんよう!今日も素晴らしい朝だな!」

 ――前言撤回。
 朝っぱらからうっせぇよ!
 こんな奴独占なんかしたら一時間と保たんわ!

 ドアの向こうから元気よく顔を出したのは、動跳孝兎。
 このクラスの学級委員長であり、生徒会副会長でもあり、………俺の、恋人でもある。

「猫田、おはよう!今日も早いな!」

「……おー。」

 お前は今日もウザいな。
 とは、口には出さない。
 しかし、この態度で分かってくれたらいいなとは思っている。

「ん?どうした、猫田?元気がないぞ?」

 もちろん、アイツはそんな技術は持ち合わせちゃいない。
 それどころか、俺が元気がないと決めつけている。

「猫田?どうした猫田?風邪でも引いたのか?それは大変だ!今すぐ保健室に!!」

「だぁー!うぜぇよ!元気だっつの!お前が朝っぱらからうるせぇからだろ!!」

「いや、違う!心なしか顔色も悪いぞ猫田!やっぱり風邪なんだな!?」

「うわー!いきなり近づくな!」

 本気で心配しているのか、眉毛を八の字にして顔を覗き込む動跳を俺は思いっきり突き飛ばした。

「なんだ、どうしたんだ猫田!今度は顔が心なしか赤いぞ?熱があるんじゃないのか!?」

 動跳は俺に突き飛ばされたことにもめげず、光の速さで俺のもとへ再度やってきて今度は額に手を当ててきた。
 だから!近いんだよ!
 止まれよ俺の心臓!!
 なんでこんな奴に一々ドキドキしてんだよ俺!!

「ほんと毎朝元気だねー、あの二人。」

「「いや、元気っていうかただウザい。」」

 クラスメートたちは毎朝のこの光景に見慣れてしまったのか、生暖かい目で見守っているだけである。
 いや、助けてくれよこの状況!

「はいはーい、チャイムが鳴りましたよ。席についてくださいね~!」

 タイミング良く入ってきた担任の声で、すっと動跳の腕が離れた。

「ほら、席つけよ。」

 俺の掛け声に、なおも眉毛を八の字にしながらも動跳は渋々自分の席に戻っていった。


「あー。日直だりぃー。」

 昼休み、俺は4時間目の授業で使った大量の資料を資料室に運んでいた。
 今日は一日疲れることばっかりだな。

 ――なんて思いながらちんたら歩いていると、後ろから突然手が伸びてきた。

「うおっ!?……なんだ、動跳かよ。」

「少し持つぞ。資料室に運ぶんだな?」

 そう言うと動跳は、俺が持っていた荷物の大半を取ってしまった。

「いや、いーし。悪いし。」

「そう言うな。」

 動跳は、一言そう告げると、すたすたと先に資料室へ。
 まぁ正直助かったけど、なんて思いながら俺も後を追いかけた。

「うわっ、暗!つか埃くさっ!」

「猫田、荷物をこちらに。」

 資料室は、さすが人がほとんど入らないだけあって暗い上に埃臭かった。
 先に入っていた動跳に荷物を渡すと、動跳がガタガタと片付けている。

「電気は?どこ?」

「よし、こんなもんだろ。」

 俺がキョロキョロしている間に、動跳はさっさと荷物を片付けてしまったらしい。

「おー、ありがとな。さっさと出よーぜこんなとこ。」

 手探りでドアを開けようとすると、その手をとられた。
 いきなりのことに、全身の動きが止まる。

「え、何…」

「具合は大丈夫か、猫田?」

 動跳が、俺の手を取ったまま俺に被さるように顔を覗き込む。
 突如として、俺の心臓がこれでもかってくらい早鐘を鳴らす。
 えっ、ちょ、なんだよいきなり…!

「や、大丈夫だし、つか、それ、動跳の勘違い…」

「でも、ほら、顔が熱いぞ…?」

 動跳がさらに近づいてきて、俺の頬に手を添えた。
 それは!お前が!近づくからだろ!

「や、だから大丈夫だし、ちょ、まじ離れ…」

「何…?満…?」

 動跳の顔が、どんどん近づいてくる。
 皆といるときには絶対に聞けない、動跳の声。
 いつもより少し低くて、甘い。
 真っ暗でも相手の表情が読み取れるほど、動跳の顔が目の前にある。
 今…アイツは真剣に俺を見つめてる。
 俺にしか見せない、その表情。
 そんな顔で見つめられたら、俺… 


-----------------------

暗がりの資料室で、見つめあう二人。
猫田の貞操はどうなる!?(貞操!?)
続きが気になる方は、是非本編を買ってね☆(注:本編はありません)


※この物語はフィクションであり、実際の人物・団体その他とは一切関係ありません。
PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne