忍者ブログ

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

twitter

リンク

カテゴリー

最新記事

ブログ内検索

最新コメント

[10/13 桜子]
[10/12 糸甘]
[02/27 hitoshi]
[08/20 椿]
[08/18 椿]

バーコード

[89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

沢山のご応募ありがとうございました☆

あらためましてというかなんというか、とりあえずお久しぶりですどうも、ゆうずきです。
ブログ担当のくせに、自身の企画進行中のくせに、ずいぶんとアナログな生活を堪能しておりました。
大好きです、あなろぐ。でじたるなんて私には恐れ多くてとてもムリです。
すみません、そろそろ黙ります。


さて、私がネット上から消えていた間に、実に沢山の方々がシンデレラのCVに名乗りを挙げてくださったようで、作者といたしましては、本当にもう感動しきりでした。
以前にも申し上げましたとおり、このシンデレラが私の初めての執筆活動になります。
それゆえに、アイディアを練るのも一苦労、スクリプトをおこすのも一苦労…。
一つの話にまとまるまでに、幾度となく挫折の危機がありました。
なんとかできたはいいものの、この話に声がつくなんて想像もできなくて。
皆様の選考セリフを拝聴した際には、もう感動で目から生暖かい汁g…(ry
応募して下さった皆様、この場を借りてではありますが、厚くお礼を申し上げます!
本当に、ありがとうございました…!!!


それではここで、シンデレラ制作秘話など語りたいと思います。
大して語るほどのことでもありませんが。←

最初に、マルポの中でオムニバス童話の話が持ち上がった際に、私は漠然とシリアスものが書きたいと思っていたんですね。
いや、積極的にそう思ったわけではなく、ギャグなんて絶対ムリ…!!!!!!!という最大限に消極的な理由から下した決断だったのですが。
しかし、どんな題材を元に書いたらいいのか皆目見当もつかなくて。
そんなこんなでいつのまにやら題材を発表することになり、なぜか口から出たのは
「シンデレラやりたい。」
でした。
あの時の私が何故そう口走ったのか、今でも分かりません。
それから、運良くというか悪くというか、誰とも題材がカブらなかったのであっさりとシンデレラに決まり。
ま、シンデレラでもシリアス書けるっしょ!と軽く受け止め、時間は過ぎていきました。
それはもう、脱兎のごとく。えぇ。
他のメンバーが脚本を書き終える頃、私はシンデレラのシの字も進んでおらず。
こりゃヤバい…!と急いで考えを巡らせてみるも。
全く思いつかない。
イメージが全く湧き上がらないんです。
当たり前ですよね、だってハッピーエンドだし。
私には原作のイメージが強すぎて、どうしてもシリアスに出来なかったんです。
なんであの時人魚姫にしておかなかったんだ…!と激しく後悔しました。
しかし、もう後戻りはできず。
どうしようかと悩んだ末に、
ギャグ…やるか…
と渋々というか恐る恐る方向転換してみたわけです。
ギャグセンス皆無なこの私が。
しかし、あの頃の私はもう半ばヤケでした。
どうにでもなっちゃえ!みたいな。
そしたら案外どうにかなっちゃったんですよ、これが。
面白いかどうかは別として、難産ながらも一つのお話ができあがりました。

この時は、あそこまでおかしい(…)展開じゃなかったんです。
でもある時から、私の頭の片隅で登場人物たちが暴走しはじめたんですよ。
あ、なんか今のプロの物書きっぽi(ry
さすがにそれはないだろう、と自分を言い聞かせてたんですが。
なんか周りが意外と「別にいんじゃね?」みたいな雰囲気出すから、「いっかぁ。」みたいに思えてきちゃって、気づいたらそれはもうカヲスな物語になってました。
なんつーかシンデレラの元ネタまる無視ですよ。
でももう、それはそれでアリかなって。
他の童話シリーズも負けず劣らずカヲスですし。
ね。


さて、長々と語ってしまいましたが、このへんで恥さらしは終わりにしたいと思います。
お付き合い下さった皆様、ありがとうございました。
PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne